目指すのは、世界に拡がる農業。

概要

初期費用は最低限で、事業収益は最大限に。
未来へ向けたビジネスの可能性は無限大です。

インロコが独自に提案する最新の植物工場は、輸送に適したコンテナ型、土地を有効活用する新規建築型、既存の建物を有効的に活用するリノベーション型など、様々なニーズに柔軟に対応いたします。

特長

設備設計から栽培/製造オペレーション、商品販売まで。
植物工場の包括的なソリューションで、商業化を実現します。

商業的に成立する
ことを実証済み

初期費用は最低限で、事業収益は最大限に。

効率化を徹底したソリューションでインロコは工場稼働後わずか2年で黒字化を達成。面積効率を考慮した可動式架台、作業オペレーションを考慮したレイアウトなど、商業化を前提としたプランでご提案いたします。

豊富な商品を
効率的に生産

限られたスペースで豊富な品種を栽培。

当社に蓄積された技術を基にする事で、デライト・フーズの豊富なラインナップを必要最小限のスペースで生産することを可能にしています。

短期間で
工場構築を実現

着工から稼働まで30日の実績。

※ライカム工場での実績
空いたスペースに短期間で工場構築を行う場合、建築用コンテナを活用する事で構築時間の短縮が可能となります。
※着工までに別途、調査・計画・資材調達期間等必要となります。

“超”新鮮な野菜を供給する工場設備

店舗内など、販売/消費に近い場所に構築が可能。

当社が独自に提案する植物工場はコンテナ活用型やリノベーション型など、規模から土地の形状など、様々なニーズに柔軟に対応します。 流通の行程を省く事で、新鮮かつ高品質な野菜を提供できます。

小規模工場でも
黒字化を達成可能

大規模でも小型でも商業化可能なプランをご提案。

商業目的の導入をご検討頂くお客様には、工場規模の大小を問わず、黒字化の達成を前提にご提案させて頂きます。 ※商業化を達成可能とする工場規模には最低ラインがございます。

プラン

クライアント様の目的や構築場所、規模など様々なご要望に応える自由な設計。

コンテナ型

コンテナに構築する小規模の植物工場

  • 最小限のスペースで構成された工場設備はテスト用にも最適
  • 海外などへの搬送も容易なISO規格や建築確認申請をクリアするJIS規格などニーズに合わせたコンテナを選択が可能。
  • 工場として構築済みのコンテナなので稼働までの時間は最短

このような方におすすめします。
  • 大規模な工場構築前に栽培テストを始めたい方

  • 自家用の菜園として植物工場を検討している方
  • 新規建築型

    土地の特性とニーズに合わせて構築する中・大規模の植物工場

    • 規模に応じて、効率的な植物工場を構築
    • 将来を見据えたフレキシブルな設計が可能
    • 間取りからの設計の為、オペレーションを考慮した構築が可能

    このような方におすすめします。
  • 土地の有効活用をご検討中の方

  • 土地の形状に合わせた工場構築をご希望の方
  • リノベーション型

    使っていない建物を再構築し、新たに植物工場として有効利用

    • 部屋の形や規模に応じて効率的な植物工場をご提案
    • 建物面積を最大限に活かした設計が可能
    • 建築の行程がない為、比較的安価で早期の稼働が可能

    このような方におすすめします。
  • 使用していないビル、工場、部屋を有効活用したい方
  • 導入までの一般的な流れ

    お客様の現状により異なりますが、一般的に工場導入のリサーチから収穫までおよそ5〜8ヵ月の期間が必要となります。
    工程 期間 実施事項
    1. 準備

    1カ月~

    • リサーチ
    • 栽培植物決定
    • 事業計画策定
    • 社内調整
    • 資金調達
    • 販路開拓
    2. 設計

    2週間 ~

    • 場所決定
    • 建屋決定
    • 設備決定
    • デザイン
    3. 設置準備

    2カ月~

    • 備品調達
    • 設備部品調達
    • カスタマイズ関連製造
    • 運送
    4. 設置工事

    2週間 ~

    • コンテナ搬入/建家建築
    • 電気水道工事
    • 消毒・修理・塗装
    • 栽培設備設置
    5. 完成(栽培基礎習得)

    1カ月~

    • 設備操作
    • 播種
    • 育苗
    • 育成
    • 収穫

    ご不明な点がございましたら、

    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら