工場設備の導入は勿論、

導入後のオペレーション、そして販売まで

インロコは食料の安定供給を支援します。

スーパー併設型“店産店消”モデル

栽培・製造・販売を店舗で一元化することで、収穫したての野菜をその場で販売。どこよりも鮮度の高い商品供給を実現しています。

イオンモール沖縄ライカム様
導入事例

2015年4月にオープンされた沖縄県最大級のショッピングモール“イオンモール沖縄ライカム”は食のエンターテインメントをテーマに、植物工場を導入。店舗で栽培された新鮮な野菜やサラダを“デライト・フーズ”ブランドとして販売しています。

鮮度を伝えることで更なる付加価値に

売場に設置されたモニターには、無農薬などの植物工場野菜の利点に加え、その日の収穫予定が表示され、お客様に新鮮さを大きくアピールする事が可能です。さらに、全ての野菜には収穫された日と時刻まで記載されたラベルを貼り、常に新鮮な野菜をご購入頂けるような仕組みができています。

売場の販売状況で、収量を調整可能

収穫と売場を一日何度も往復することで、その日の売れ行きを確認しながら、製造する商品数を調整できるので、売り切れが少なく、常に新鮮な商品を並べる事が出来ます。収穫しすぎる事も無くなるので商品ロスを大幅に削減できます。

鮮度を伝えることで更なる付加価値に

売場に設置されたモニターには、無農薬などの植物工場野菜の利点に加え、その日の収穫予定が表示され、お客様に新鮮さを大きくアピールする事が可能です。さらに、全ての野菜には収穫された日と時刻まで記載されたラベルを貼り、常に新鮮な野菜をご購入頂けるような仕組みができています。

ご不明な点がございましたら、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら